HOME>コラム>どんなときに心療内科に通う?体と心の健康を維持する

どんなときに心療内科に通う?体と心の健康を維持する

医者

体調が悪いのは心の病が原因かも

不眠や風邪のような症状があったり、お腹の不調が長引いたりするなど、一見すると体に異常があるように思えることでも、心の病が原因である場合もあります。そのようなときに、内科の診察を受けても「異常なし」とされることが多く、原因がわからないまま、体調不良が続くこともよくあります。体調不良の原因がわからないような場合は、ストレスや自律神経の乱れを疑う必要があるため、心療内科を受診することをおすすめします。心療内科や精神科などは、普段はあまり馴染みがなく、なかなか足を踏み入れにくい領域ですが、東京にもたくさんの専門病院があり、行きやすい環境に変わってきています。体調不良の原因がわからないまま、仕事や勉強を続けることは大変な労力を使うため、ストレスなど心の病に心当たりがある人は、心療内科の受診がおすすめです。

病院

心療内科で受けられる治療方法とは

東京には、たくさんの心療内科の病院がありますが、どの病院においても、患者へのカウンセリングを一番大切にしています。心療内科で扱う、うつ病や自律神経失調症などの病気は、ストレスが原因であることがほとんどなので、まずはその原因を探ることが必須です。そして、治療において、医師と患者との信頼関係が最も重要になってくるため、何度もカウンセリングを行って、両者の関係を築いていく必要があります。その上で、患者の症状に合った薬を処方してもらい、ストレスを軽減しながら、円滑に日常生活を送れるようにサポートしてもらいます。心療内科での治療は、一度や二度では完結せず、長い期間、通院しながら、心と体の状態を診てもらうことがほとんどです。