HOME>クチコミ>自分を取り巻く人間関係とストレスのつながりについて

自分を取り巻く人間関係とストレスのつながりについて

男性

多くの人が悩んでいる人間関係ですが、放置しているとストレスは蓄積されて辛くなってしまうでしょう。仕事をしているとどうしても人との関わりがありますし、悩んでいるなら早急に解決しなくてはなりません。

みんなの声

人に合わせすぎるとストレスも大きくなると思います。

社員20人ほどの小さな会社なので、人間関係が異様に濃いです。よく言えばアットホームな雰囲気なのですが、けっこうズカズカと心の領域に入り込んできて、失礼なことを言われたりもします。「ほっといてほしい」と心で叫んでいても、通じるわけもなく、いつもストレスを感じています。社員同士で飲みに行くときも、誘いを断りにくい雰囲気があり、誘われるたびにしぶしぶ参加していました。でも何年もそういうことをくり返していると、感覚が麻痺してきて、嫌だと感じない代わりに無感情になってしまいました。「全然笑わなくなった」と社員の一人に言われ、ハッとしました。周りの人に合わせすぎるのはよくないと改めて感じました。それからは行きたいときには行く、行きたくないときははっきり断る、ということを徹底してやっています。
[30代/男性]

たまにみんなと離れて一人で行動することも大事だと思います

高校のときバスケット部に入っていて、そのときのメンバーと40代になった今も会うことがあります。いわゆる女子会というやつをやって、みんなでわいわいやります。月1ペースで集合し、多いときは3回くらいやることもあります。みんな職場が近いこともあって集まりやすいです。でも、たまに会うと楽しい気分になれるのですが、しょっちゅう会っていると、なんだか昔のことばかり話して、うんざりすることもあります。あれを買った、あそこへ遊びに行ったという内容の話に、ときどきついていけなくなることもあります。高校のときからずっと仲良くしているので、それにその人たち以外に友達らしい友達がいないので、多少ストレスを感じても、がんまんして付き合ったほうがいいのかもしれません。ただ、たまにみんなと離れて、一人でのんびりすることも大事ですね。人間関係から解放されて、一人きりで過ごすことで、自分の状況を客観的にとらえることもできます。
[40代/女性]